細木和茂の・・・・



SCM時代は、私のモットー「ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない ものづくり」
を推進する事で儲けさせます、成長させます。

● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その1)
●●SCMの行動指針として、ギリギリで行動する


● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その2)
●●ギリギリ思考の基本的見方・考え方


● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その3)
●●
急激な売れ行き、急激な下降の時のアクションを解説


● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その4)

● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その5)
●●商品Noの統一、仕掛品Noの逆検索

● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その6)
●●JITやTOCと何が違うのか?

● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その7)
●●急激な需要のバラツキが予想される時

● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その8)
●●急激な需給の低下時のつくり方


● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その9)
●●熊本震災に学ぶ、チェーンが切れた時からの回復スピード


● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その10)
●●通常供給時のリードタイム短縮


● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その11)
●●品切れ、欠品からの回復力が差別化


● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その12)
●●追い越しできる仕組みをつくる

● 『ギリギリまでつくらない、運ばない、仕入れない』 (その13)
●●全世界の在庫情報の活用で横持ちするか、つくるか